プロフィール

rie

  • Author:rie
  • rieはのん気な主婦。
    清志郎は気弱な王子様。
    栞はチンピラお姫様。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

おしゃべりなしっぽのblog
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お別れ
今日の11:00、dogwood clubできーちゃんとお別れしてきました。

ちゃんとセレモニーもしていただけるプランもあるようでしたが、私たちと両親だけの参列だったので
シンプルなプランで行っていただきました。

以前住んでいたおうちと今の家の間にあって、前からワンコのセレモニーをする所と知ってたし
何よりとてもキレイそうだったのと、静かに、でもちゃんと送り出してあげたいと思ったので
こちらにしました。きーちゃんらしい感じがしたりしたので。

行き道で小さい花束を買って、きーちゃんと良く行った場所を通りながら、両親とパパさん&栞ちゃん
と思い出話をしながら、現地到着しました。

きーちゃんは亡くなってからずっと大好きなソファーの上にいました。このソファーは姉が「きーちゃん
に」って引越しの時に買ってくれたので。
実家に預けてた栞さんが帰ってきてから、ソファーに寝てるきーちゃんを不思議そうに見てたのが
印象的ではありました。時々乗ろうとするのを阻止するパパさんと私でした。

連れて行くときは「タオルで包んであげてください」と言われたのですが、なんとなく何かに入れて
あげた方がいい気がして(安定するし)・・・でも「箱」には入れたくなかったので、ドッグベットに入れて
タオルを体にかけてあげて行きました。普通に寝てる犬のようにしか見えないのですが・・・。
そのままベットごと預けたのですが、そしたら祭壇にもベットのまま(あずけたまま)のきーちゃんが
いました。

一応画像を撮ったのですが、デジカメだったので大きい画像になるんですよ。
祭壇の大きな画像はさすがに・・・と思ったので自粛します。

お焼香代わりの花びらがあったり、短い時間だったけどお別れが出来ました。

火葬してもらう間は別室で1時間弱くらい待ちました。そこでも母やパパさんと自分の携帯やデジカメ
に入ってるきーちゃんの画像や動画をみながら、お互いに「このきーちゃんは可愛い」とかきーちゃん
自慢をしたりして過ごしました。栞と父は外に散歩にも行ったりして。
(係りの人が人間の飲み物と一緒に栞のお水とトイレシートも用意してくれて嬉しかったです)

もうそろそろなのかなぁ?と言うくらいの時間に、パパさんに抱っこされてた栞さんが突然天井の方を
じーーーーっと見出しました。今まで私とか両親をじーっと見ることはあっても、他の空間を見たりは
してなかったのに突然です。きーちゃんが来たのかな?とすぐに思いました。そのあとも栞さんの目を
一緒に追うと、母の横・私の横・床の上・・・父とパパさんの間と、きーちゃんがいるんだろうなって
言う場所を栞がじーっと目で追います。

きーちゃん、火葬が終わってお部屋に来てくれたんだねって。

そのあとすぐに「火葬終わりました」って係りの人が来て、別の部屋で収骨。最初に見たときは
やっぱり拒絶反応が出そうだったけど、係りの人が一つ一つ骨の説明をしてくれて、見ていたら
骨も愛しい存在になってました。みんなで収骨しました。
病気だったけど、きーちゃんの骨はどうなんだろう?って思って・・・ちょっと聞いてみました。
「普通の子よりしっかりしてますよ。ポメラニアンはもう1サイズ小さい骨壷なんですけど」って言われて
みんなで笑ってしまいました。骨太ポメラニアンですね。レントゲンとかを見てるので私はしっかりして
いる事は知ってましたが、私以外は知らないしね。

少し待って、骨壷を頂いて帰ってきました。
可愛い柄の入った骨壷だったのですが、普通上からかけるものがあると思うのですがそれがなくて
紙袋に入れてくれました。紙袋入りきーちゃんです。

家に到着して、きーちゃんの居場所をどこにしようか・・・って考えたんだけど。使ってたハウスの辺り
が良いねって話になって、まだ棚とか何も準備してないので、ハウスの上に台を置いて、その上に
置いてあげました。やっぱり骨壷そのままだと生々しいので、きーちゃんのTシャツを着せてあげて
昔頂いた写真たてに写真を入れて、とりあえず・・・できーちゃんの居場所を作りました。
落ち着いたらちゃんとしてあげないと。骨壷カバーも今日行った所で売ってたらしいので、また今度
買っても良いなと思ってね。「紙袋」の衝撃でその場で買わなきゃって思わなかったんだもん。

通ってる病院にも近いから、いつでも行けるしね。


なんとか無事にお別れをして、ちゃんと家族の気持ちも落ち着いてくると思います。

私も泣いたり笑ったり、きーちゃんと過ごした11年11ヶ月を大事に、日々過ごしてみたいと思います。



たくさんコメントやお電話やメールを頂き有難うございました。
ご無沙汰ばかりしていたのに、きーちゃんの事を思いやって頂けてとても嬉しかったです。
私は人見知りだけど、きーちゃんはワンコも人間も大好きだったなーって思い出しました。

可愛がってくれて有難うございました。
個別にコメントのお返事が出来なくてすみません。全部読ませていただいて有難く言葉を頂きました。



200907081024001.jpg
ちょっとボケてますが、7/8の午前中のきーちゃんです。まだそんなに苦しみ出す前。母が抱っこして
安心して嬉しいお顔です。

また写真の整理をしたりして、可愛いのがあったら落ち着いたらここに載せていきます。
遺影の写真を決める時に、昔の写真をたくさん見て、「あーやっぱりきーちゃんは可愛い」って
親ばか全開だった、私とパパさんでした^^
スポンサーサイト

この記事に対するコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2009/07/11 14:45】 | # [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kiyoshio.blog12.fc2.com/tb.php/332-de4e430a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。